☆*:.。.2月9日 手塚治虫先生の命日&観劇レポート.。.:*☆

皆様、こんにちは♪
サファイアの中川奈津希です016.gif053.gif

今回のブログ記事は
2月9日の出来事についてお話したいと思います。

2月9日はマンガの神様・手塚治虫先生の命日でした。

そして、梅田芸術劇場において
雪組「ブラック・ジャック~許されざる者への挽歌~」の初日公演でした。


1994年に安寿ミラさん主演で『ブラック・ジャック 危険な賭け』が上演されてから、
約20年振り、
新たなストーリーでの上演です。

『ブラック・ジャック』というと手塚先生の代表作のひとつですよね!


「若い力をフル回転させて、充実した一生を生きるとはどういうことか、人生のほんとうの喜びとは何かについて、深く考える心を子どもたちに育みたいし、若者に考えてもらいたいのです。」(98-99)

手塚治虫『ガラスの地球を救え-二十一世紀の君たちへ-』より

手塚先生が残した言葉です。
『ブラック・ジャック』という作品には手塚先生のこうしたメッセージがたくさん詰まっています。

今回の舞台はそのメッセージがたくさん伝わってくる演出となっていました。

また、

072.gif演出家の正塚晴彦先生
072.gif主演の未涼亜希さん
072.gif雪組出演者の皆様
072.gif舞台構成・音楽・照明のスタッフさん

の「ブラック・ジャックを作り上げる」という

強い気持ちが凄く伝わってくるんです。


公演後、手塚プロダクションの方々とお話しする機会があったのですが、
「原作へのを感じる」そうです。

ぜひとも!!!!
ブラック・ジャックが発するメッセージを皆様に感じて頂きたい。
そう感じずにはいられません。

手塚先生の命日だったので、思わず
「これは手塚先生からの贈り物『大事なメッセージ』
なのかなぁ~?と思いました。


雪組公演「ブラック・ジャック~許されざる者への挽歌~」
日時:2月9日~2月17日
場所:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

※東京公演もございます。
期間:2月22日(金)~2月27日(水)
場所:日本青年館大ホール


「みなさま、ぜひいらしてください」


☆*:.。.中川奈津希.。.:*☆
a0218340_18175072.jpg

[PR]
by sapphire-dairy | 2013-02-15 18:20 | Diary


手塚治虫の代表作のひとつ 『リボンの騎士』 は、宝塚歌劇の影響を強く受けています。その主人公「サファイア」が2009年4月に、宝塚市民となったことをきっかけに「リボンの騎士プロジェクト」がスタートしました。


by sapphire-dairy

プロフィールを見る
画像一覧










宝塚市観光大使とは

『サファイア』が宝塚市の特別住民となったことを受けて、2009(平成21)年より、一般公募で選ばれた観光大使サファイアが活動を始めました。
今期は中西瞳(なかにし ひとみ)と中村美優(なかむら みい)の2名が、観光大使として「夢を育むまち 宝塚」の魅力をお伝えしていきます。

最新の記事

以前の記事

フォロー中のブログ

カテゴリ

外部リンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧